<< はじめに・・・ | main | カメラを選ぶ買う使う・・・ >>
はじめに
rainroots(レインルーツ)

『写真を楽しもう!!』 そんなお店を作ってみました。
2005年4月からネットでのロシアカメラ(LOMO SMENA)や金属カメラ、
そしてトイカメラ(HOLGA)などの写真を手軽に楽しめるカメラの販売からスタート!!
そして遂にプロジェクトのメインの店鋪を2005年7月30日から大須にてスタートしました!!
カメラの販売+手軽に飾れるギャラリー、
そしてアナログの現像機+プリンターを設置し現像プリントも
『写真を楽しむ人に集まってもらえる+生まれる店!』rainrootsがはじまりました。

そして
2009年2月から新たに作業所をスタートしました。
白黒の現像そして手焼きプリント・・・
あとカラーの手焼きプリントで最大全紙まで受付開始ししはじめ・・・。

2011年4月に
今の店舗に移転しアナログ露光によるプリントに力を入れ
10年20年・・・『フイルムがなくなるが』なくなるまで続けられるように
全力でプリントしています。

以前の内容に移転後やっと修正追記しました。
移転については
だらだらと書いたところがありますので
良かった見てみてください。



いままで書いていなかった僕のことを書く事にします。
郵送プリントなど顔の見えないサービスもあり・・・なんか店頭とは違い、
なんか自分自身戸惑いもあります。もちろん利用する人も・・・
ならまず僕の事を書く事にしました。

名前 湯地信愛(ユジノブヨシ)web
男(1975.12生まれ)

広島の山奥で育つ。

兄貴の影響もあり
小学低学年には写真を初めOM10を買う。

中学 写真係

高校 写真部で卒業アルバムを作る

おやじの影響で
テニスに歌に音楽を・・・

高校2年までは写真学科のある大学にいくつもりでしたが
高校3年でギターに心が動き

卒業し東京のギタークラフトの専門に入学するも
半年で辞める(作ることではなく弾くこと)

ギターレッスンを受けながらいろいろアルバイトする。
その中で少年サッカーの撮影をするバイトで写真に戻る事に

その後東京綜合写真専門学校に入学
(この部分は大きなターニングポイントなのでまた別に書きます)
在学中にまた音楽にも気持ちが動き両立しながら
2年で辞める(3年目は研究科)

中略

名古屋に来る
何もしていなかった。

数少ない知り合いが
写真屋でバイトしていてその店に紹介してもらいバイトする事に
当初はアナログ機でプリントしていまいたが
早い時期にデジタル機に変わる

デジタル担当で社員になる

スタジオ撮影の担当もまかさせる

3−4年後に
系列店のデジタルリニューアル店の店長をする
デジタルプリントに大型出力(B0)画像処理・・・
引き受けるにあたりrainrootsの要素を含ませました。

2年後にお店を辞める事にし
結果そのお店も一緒に閉店。

写真屋さんにはもうなるつもりはなく。
希望はギターを作る仕事もしくはパン屋さん(フリーター時代の経験で)
生活の中で写真撮って行きたいと思っていました。

何店舗かで同時プリントするが
あまりのデジタルっぽいプリントで全部捨て
現像のみでフイルムスキャンする事に・・・

僕の周りの知り合いも同じ気持だとしり。

当時正直、自己資金0だったので
出来るかどうかわからないけど
自分も満足できるプリントの出来る店を
作りたいと2005年の4月からネットショップで
名前を知ってもらう事にする。

あとは
上記の説明につながり

そして現在にいたります。



| rainobbs | rainrootsの事。 | 22:41 | comments(2) | - | pookmark |

 いつもお世話様になております。
 湯地さんも、デジタルにどっぷり浸かっていた時代が有ったんですね。
 わたしも、デジタルカメラが出始めて間もない頃、あれは2001年の春
 頃からだと思います、はじめて手にしたコダックのデジカメに魅せられ
 て、おもにお散歩写真だったのですが、撮ってはパソコンに取り込み
 すべてプリントする毎日でした、(笑)
 そんな日が3〜4年余り続いたある日、再び一眼レフに触れた瞬間
 昔兄から借りて使ったことのある「カメラ」の感触が蘇ったのです。
 丁度その時期に、姉の家の本棚に放置されていた甥のカメラを見つけて
 使い始めたのが、依来愛機としている「ASAHI PENTAX SP」です。
 フイルムでの現像、プリントも、、はじめの頃はあまり気にならなかった
 のですが、、年々、、プリントに違和感を持ち始めたのです。
 撮るのは楽し繰っても、、お店に現像、プリントに出すのが、だんだん
 苦痛にさえ思えた時期が有りました。
 なので、,大阪のワタナベカメラさんを知った時は、本当に救われた
 思いでした。それなのに今度は、、店長さんの体調がお悪いとかで、、
 お店を閉めと聞いた時は、途方に暮れました。で、
 ワタナベカメラのスタッフさんからレインルーツさんをご紹介して
 いただいて、、でも、なかなか気持ちが動かないままでしたのに、、
 お世話になり始めてまだ3〜4回と言うのに、、もう、あれこれ
 我がままをいいお世話になっている様は、まさに、オバさんですね。
 
 フイルムカメラが好きと言うだけで撮り続けている、わたくしですが
 これからも、よろしくお願い致します。
 
| 宮内文子 | 2014/05/23 10:51 AM |
初めてプリントお願いします。
明日にでも発送します。
よろしくお願いします。
| 向井 澄夫 | 2013/12/17 10:07 PM |









+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE